naoha’s blog

北海道在住で反抗期2人娘のおやじです。北海道情報やビジネス雑記

日帰り温泉とランチセットプランのある定山渓温泉ホテル

日帰り温泉とランチセットプランのある定山渓温泉ホテル

f:id:naoha:20190505202841j:plain

定山渓足湯

札幌市民にも人気の定山渓温泉は市内から車で40分とアクセスも便利。定山渓温泉には日帰り入浴プランや・デイユースプランのある宿やホテルが多く手軽な料金で入浴とお食事を楽しめます。

効能はまろやかな塩辛さが特徴のナトリウム塩化物温泉で体の芯からポカポカ温まります。 
おいしい料理とゆったりお風呂を楽しめるプランや温泉を貸し切りできたり、ホテルの部屋でちょっと一息つけるプランなど、さまざまなシーンで日帰り・デイユースプランを活用しましょう。

こんなシーンに日帰り温泉はいかがですか?

友人とリフレッシュ

温泉に入って、ランチバイキングの美味しい料理、おしゃべりも盛り上がり泊らなくても十分にリフレッシュできますね。

親孝行したい 

たまには、親孝行したい!食事とエステがついたプランを活用すれば、家事から解放されてゆったり過ごせます。

 

温泉デート

料金もリーズナブルでランチセットもあるプランなら、温泉デートコースにも最適ですね!

 

定山渓万世閣ホテルミリオーネ

お風呂は温泉街周囲の山々を望む「露天風呂」や、源泉かけ流しの「和風呂」、「寝湯」「ジャグジー」「サウナ」など様々な浴槽が楽しめます。

f:id:naoha:20190505210410j:plain

リオーネ

f:id:naoha:20190505210455j:plain

ライブビュッフェ

 日帰り入浴プランは、ライブビュッフェとセットで無料休憩所も利用できます。

 自家製生地にオリジナルトマトソースとチーズをたっぷり乗せた石窯焼きピッツァをはじめ、

 具沢山のチキンカレーや道産小麦「ゆめちから」ラーメンなど充実のメニュー。

 

☆日帰り入浴(休憩所利用・タオルセット付き)とランチビュッフェのセットプラン

基本情報

 

定山渓第一寶亭留 翠山亭


このホテルの自慢は、豊平川の河床から自噴する、3本の源泉です。
その成分が違う源泉を贅沢にブレンドした濃厚な温泉が魅力。
お部屋はうれしい全63室のうち35室が自家源泉風呂付です!また、女子にうれしい道内最大級の広さと設備を備える本格エステサロンも完備。



全63室のうち35室が自家源泉風呂付です!3本の自家源泉をブレンドした濃厚なお湯。


道内最大級の広さと設備を備える本格エステサロンがあります。

 


<基本情報>
住所:札幌市南区定山渓温泉西3丁目105番地
アクセス:札幌より無料送迎バス運行(要予約)/JR札幌駅より車で60分/新千歳空港より車で約2時間



定山渓ビューホテル

定山渓温泉最大級のホテルです。このホテルの最大の特徴は、巨大な温泉プール「水の王国ラグーン」。大人も楽しめる波の出るプールや小さなお子様にも安心の浅瀬のキッズプールがあって、家族みんなで楽しめますよ。

日帰り温泉とランチバイキングにプールもついたセットプランが人気です。


定山渓ビューホテル日帰り入浴とランチバイキング体験記はこちら


小さなお子様も楽しめる浅瀬の

プールや、大波小波の出るウエーブプールに全長50mを滑り降りる「スプラッシュリバー」、25mプール&キッズプラザ、ジャグジーバスや寝湯など数多くの設備も充実


プレミアムダイニングdeランチバイキング&入浴付き
日帰り入浴+客室付のプランもあります


<基本情報>
住所:北海道札幌市南区定山渓温泉東2丁目
アクセス:札幌より車で50分。無料送迎バス運行中。
南3東2サンシャインビル(14:00発)ホテル(10:00発)※事前予約制



章月グランドホテル
全てのお部屋から渓谷を眺められる老舗の料理が美味しい宿です。大浴場にはウッドフロアがあって温泉からあがって、ゆっくり休めますよ。大きな檜の湯船があって、檜の香りと源泉かけ流しのお湯で癒されること間違いなし。


【露天風呂】渓谷に面した露天風呂から、渓谷の四季が楽しめます。



<基本情報>
住所:北海道札幌市南区定山渓温泉東3丁目239
アクセス:札幌より230号線トンネルを2つくぐり、信号4つめを右折すぐ
(市内中心部より車で約50分)無料駐車場あり。


 

女性のための宿 翠蝶館

名前のとおり、エステとスパできれいになるためのプランが充実。日帰りプランは多彩で薬膳ディナー、岩盤浴付き、エステ付きなどプランがたくさんあります。贅沢エステで自分へのご褒美ですね。
お部屋のご利用は15時~翌11時ですが、チェックイン前12時からアウト後17時まで、
大浴場やエステなど館内のご利用が可能です。

贅沢エステで自分へのご褒美を
エステルームの寛ぎ空間。ゴロゴロしながら、のんびりリラックス。


<基本情報>
住所:北海道札幌市南区定山渓温泉西3-57
アクセス:札幌より無料送迎バス運行(要予約) /JR札幌駅より車で60分/新千歳空港より車で約2時間



湯元 旬の御宿まつの湯
定山渓温泉のお隣小金湯温泉。
泉質は定山渓とは異なる肌に優しい単純硫黄泉です。 露天風呂からは四季折々の景色を楽しめます。

☆日帰り【部屋食】ゆっくり季楽膳プラン/現金限定

<基本情報>
住所:北海道札幌市南区小金湯24番地
アクセス:JR札幌駅下車、じょうてつバス50分。小金湯温泉バス停下車徒歩5分

 

lovecamp.blog103.fc2.com

北海道ニセコドライブ!残雪の蝦夷富士が大迫力

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」

 

f:id:naoha:20190504160347j:plain

余市川

余市川桜づつみ

GWも残り少なくなりましたが、今日は朝から雲ひとつない快晴となりました。

気温も高く、満開の桜が見頃となりまさに花見日和。

いつも、訪れる穴場的な「余市川桜づつみ」へ

ここは、余市川下流の両岸に5kmものソメイヨシノが咲き乱れる絶景ポイント。

あまり知名度はありませんが、約400本の桜並木が続く堤防はとても見ごたえがあります。

 

f:id:naoha:20190504170211j:plain

 

 

f:id:naoha:20190504170241j:plain

 

余市では有名な観光スポットのニッカウイスキーの裏手に広がります。

 

そして、久しぶりにニセコまで遠乗りすることに決定。途中の国道5号線は渋滞もなく流れはスムーズ。

 

残雪の羊蹄山が圧巻

 

f:id:naoha:20190504174717j:plain

 

ニセコへ入ると、残雪の羊蹄山が姿を見せます。

蝦夷富士」と称される日本百名山にも選定された活火山。

この絶景を見ると、長いドライブの疲れも吹っ飛びます。

 

f:id:naoha:20190504183159j:plain

そして、1時間30分ほどで、道の駅ニセコビュープラザへ到着。

駐車場前は行列が出来るほどの混雑ぶりでしたが、たまたま出た車の後に駐車。

 

f:id:naoha:20190504183709j:plain

 

地元のニセコ町でとれた、新鮮野菜や特産品

の直売やチーズタルトやソフトクリームも人気です。

 

また、ビュープラザ向かいに2018年にオープンした「石窯パンマルシェHARU」多くの人で混雑していました。

羊蹄山の湧水を使って焼いた、オリジナルのパンが人気です。

ちょうどお昼時だったので、イートインスペースでコーヒーとサンドイッチで休憩。

 

野菜の苗やお菓子をお土産に購入し、道の駅を後にしました。

 

lovecamp.blog103.fc2.com

 

 

 

 

徒歩でぶらぶら♪小樽駅から手宮線跡地まで小樽の観光スポット巡り

f:id:naoha:20190503162729j:plain

南小樽


今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」

今日は朝から晴れたり曇ったり、風もあって肌寒い北海道。

令和に改元となった特大の10連休も終盤に入り、観光地はどこも賑わっているようです。

 

桜もいよいよあちこちで満開になり、お花見には最高の連休ですが、道路も渋滞して

出かけるのもちょっと大変のようです。

 

そんな中、何度訪れてももう一度行きたくなる、レトロな雰囲気が人気の「小樽」

にお出かけです。

 

最近では、海外の観光客も多く、観光バスが多数押し寄せる北海道でも有数の観光地となりました。

 

写真は小樽駅の一つ前の駅、南小樽駅の桜です。

 

 小樽を徒歩でぶらり散歩

f:id:naoha:20190503164825j:plain

小樽駅

 まず、お散歩は小樽の玄関口、小樽駅からスタートします。1934年(昭和9年)建築の北海道内初となった、鉄筋鉄骨コンクリート造駅舎です。

小樽にゆかりの石原裕次郎にちなみ、4番ホームに「裕次郎ホーム」の愛称がつけられました。かつてNHKの番組ロケで訪れた際、このホームに降り立ったのが由来。

駅構内にはお土産ショップも充実しており、買い忘れたお土産探しにも便利。立ち食いのお寿司や鶏の半身揚げで有名な、なると屋さんやルタオのスイーツも置いてます。

 

 

 

f:id:naoha:20190503200450j:plain

小樽駅を出ると、目の前には海までつながる坂の街が広がり、緩やかな坂をまっすぐ下ると、小樽運河に突き当たります。

 海鮮丼が大人気、小樽駅横の三角市場

f:id:naoha:20190503165341j:plain

  小樽駅を出て左手に出ると、階段の上には「三角市場」。土地と屋根が三角の形をしていることから、名づけられました。海産物はもちろん、野菜、果物も販売している。

市場内には6店舗の食事処があり、ウニ、カニイクラなどが豪快に乗った海鮮丼を

食べれます。

 

f:id:naoha:20190503165456j:plain

お手頃な価格設定のため、連日、国内のみならず海外からの観光客が押し寄せる人気のスポットとなっています。いつも行列が絶えません。

  

f:id:naoha:20190503213954j:plain

都通り

 小樽駅を海に向かってまっすぐ下ると、右手にはアーケードの都通り商店街。

 

SNS映えで人気、手宮線跡地

f:id:naoha:20190503214919j:plain

てみや線

都通りを越えて少し歩くと、手宮線跡地の線路が見えてきます。

手宮線は1880年北海道で最初に開通した幌内鉄道の一部です。1985年に廃線になりました。

 

 

f:id:naoha:20190503214402j:plain

てみや線

 

その後、小樽市廃線跡のうち約1.6kmを散策路として整備し、 当時の線路や遮断機がそのまま残されています。

様々なイベント会場としても活用され、2月の小樽雪あかりの路ではメイン会場となり、様々なオブジェが並ぶ幻想的な雰囲気となります。

 

とりあえず、ここまで

 

 

懲りない犬エルの2度ある事は3度ある?

ポカポカ陽気の北海道

北海道は昨日から今日にかけて、初夏を思わせるようなポカポカ陽気で

気温も15度超えと5月中旬並みに上がり、行楽日和となりました。

日中はシャツ1枚でも過ごせるくらい。

 

あれだけ大量に降り積もった雪もすっかりなくなり、いよいよ春本番

 

本州では、そらそろ桜が見頃を終える時期ですが、北海道はこれからが

お花見の季節となります。

 

 我が家の愛犬は散歩を待っている

f:id:naoha:20190414181901j:plain

 

我が家の愛犬はトイプードルのエル。 室内犬らしく?1日部屋にいても、寝ている時間が多い。

そんなエルの唯一の楽しみといえば、ごはんとお散歩くらい。

 

エルはいつも首を長くして、お散歩を待ってます。私が、上着を着るだけでくるくる回り出し、お散歩の催促。

 

いつもエルのお散歩は夕方が日課ですが、今日はあまりの陽気に午前中連れていくことに。

  

f:id:naoha:20190414145347j:plain

 カラスがいたり、落ち葉が風で転がっているとものすごい勢いで

反応します。基本的に臆病なのか?

  

散歩で痛い目にあっている

f:id:naoha:20190414145541j:plain

 

そんな エルだが実は過去に2度痛い目にあっている。

1回目は焼き鳥丸飲み事件。ある日食事を終え、誰もいない食卓に残った焼き鳥の本数をふと見ると1本少ない!たしかにあと1本あるはず…

そもそもその日、焼き鳥は本数が少なく、1人1本か2本しか食べていないので、みんなの食べた本数はすぐわかり、やはりエルか?しかも串ごと?

しばらく様子を見ていると、やけにすり寄ってきます。いつもと違う感じ。

と言うわけで、病院へ直行すると薬を打たれ、串のまんまの焼き鳥を吐き出しました。変に引っかからなかったのが幸いです。

 

2回目は散歩中に、拾い食いしてしまった事。ある日の散歩中、何かを食べたような

気がしたのだが….、それも少し大きめの何か

その後、数日間やはり様子がおかしい。嘔吐と便も柔らかい。少し元気もないような

気がする。

とりあえず病院へ連れて行き、胃カメラを飲むとやはり何か異物があるとのこと。

直径が2センチ厚さ1センチくらいの何かが。そして、そのまま手術して入院となりました。腸まで達していたらヤバかったらしい。

3日ほど入院して、退院となりました。傷口は縫い目が痛々しく、傷口がふさがるまでは舐めたりしないように、首にはエリザベスカラーを装着。

 

というわけで、飲み込んだり、拾い食いしたりで2回も痛い思いをしました。

口をきけないので、その様子から判断することになりますが、懲りないのがワンちゃんですね。

 

普段はあまり落ちている物を食べたりしませんが、タバコの吸い殻が落ちていると

ドキッとします。

 

2度あることは3度あると言うけど…

もうこりごりだワン!

初めてでも安心!小樽運河クルーズやライトアップの見どころと楽しみ方!

f:id:naoha:20190407195711j:plain

f:id:naoha:20190209204738j:plain

かつて経済の隆盛期には、重要な物流拠点としての役割を担っていた「小樽運河

その後は倉庫を活かした施設や店舗、ガス灯や遊歩道などが整備され現在に至ります。今では、外国人にも人気となり北海道でも代表的な観光スポットになりました。

 

小樽運河周辺は、昼と夜で表情が変化し、昼間は遊歩道を散歩して、日没後には撮影スポットの浅草橋周辺で自撮りしている方をよく見かけます。

そんな、小樽観光のベストスポット「小樽運河」の楽しみ方を教えます。

 

 小樽運河のベスト写真撮影スポット「浅草橋」

f:id:naoha:20160924201256j:plain

 

小樽運河撮影のベストスポットとして人気。ここで小樽運河をバックに記念写真をとるのが定番。「浅草橋」街観光案内所も併設しており、小樽観光の情報収集ができます。

ここの橋からの写真撮影が小樽一ですね。いつも多くの観光客で人が絶えません。自撮り棒で撮影している方をあちこちで見かけます。

 最近では、外国人観光客が多く訪れるようになりました。

 

f:id:naoha:20161113154506j:plain

 

小樽運河の顔 昼編

f:id:naoha:20161113154648j:plain

 

こちらは、小樽駅からまっすぐ下って突き当りの、中央橋から。小樽運河の中心部

で、小樽運河クルーズもこちらからスタートします。運河クルーズは日中とナイトクルーズが運航。

中央橋から浅草橋までの散策路が定番の散歩コースになっています。

 

f:id:naoha:20161113154712j:plain

 

 

f:id:naoha:20161113154952j:plain

 

小樽運河の顔 夜編

夜になると、散策路のガス灯や倉庫群がライトアップされ、水面に映りこむ幻想的な雰囲気となります。思わず息を呑む美しさ。

 

f:id:naoha:20190324191806j:plain

運河夜の顔

 

f:id:naoha:20161113155055j:plain

 

 こちらは、冬季に開催される小樽ゆき物語でライトアップされた様子。イルミネーションが点灯し、とても綺麗です。毎年2月には市内がろうそくで埋め尽くされる、「小樽雪あかりの路」が開催され、運河会場としてメイン会場となります。

 

f:id:naoha:20190116192554j:plain

雪あかりの路運河会場

毎年2月に開催される「小樽雪あかりの路」ではこの運河会場を目的に来場される方も多いようです。運河の水面には、数百に及ぶ浮き球キャンドルがゆらゆらと漂います。普段でも幻想的な小樽運河が、いっそう素敵な演出を見せてくれます。

 

小樽運河クルーズ 

f:id:naoha:20190406195349j:plain

運河デイクルーズ

f:id:naoha:20190406195527j:plain

運河ナイトクルーズ

小樽運河をめぐる約40分のクルージング。昼間のデイクルーズから、日没後に出発する幻想的なナイトクルーズもあります。

おすすめは夜、ガス灯の光で輝く水面を、小船でゆったりと進み、建ち並ぶ倉庫群は、ライトアップされてとても綺麗。

ガイドさんが歴史的建造物などの解説をまじえながら丁寧に案内してくれます。
デートコースにも最適!