naoha’s blog

北海道在住で2人娘のおやじです。北海道観光情報やビジネス雑記

札幌雪まつり2020の服装や靴は!楽しむための3つのポイント!

f:id:naoha:20190118201540j:plain

北海道冬最大のイベント「さっぽろ雪まつり

第71回目となる北海道の冬最大イベント「さっぽろ雪まつり

2020年も大通、すすきの、つどーむの3会場で開催されます。

 

メインの大通会場では、迫力ある大雪像や市民雪像が夕方からはライトアップされ、

雪像プロジェクションマッピングは圧巻。昼間とは違う表情へと変化する様子が楽しめます。

 

すすきの会場では、氷彫刻コンクールや氷像のライトアップやアイスバーなどが登場。

 

つどーむ会場では、巨大なすべり台や雪と触れ合える屋内外のアトラクションで子供から大人まで楽しめます。

 

それぞれ楽しみ方が違いますので、行ける方は全会場を回ってみてはいかがでしょうか。

さっぽろ雪まつり会場について

f:id:naoha:20170209213136j:plain

大通会場 2019.2.4(火)から11(火祝)まで

f:id:naoha:20170209211806j:plain

会場:大通公園西1丁目~西12丁目

大通公園に約1.5キロメートルに渡る雪と氷の世界が出現します。
雪像・市民雪像・国際色豊かな雪像などバラエティに富んだ雪像やイベントが盛りだくさん。夜には、ライトアップやプロジェクションマッピングなどの豪華演出が見所。

すすきの会場 2019.2.4(火)から11(火祝)まで

f:id:naoha:20190118210030j:plain

会場:南4条通りから南7条通りまでの西4丁目線(駅前通り)市道
氷彫刻や氷彫刻コンクール作品などの幻想的な氷像を展示。
イルミネーションロードのほかアイスバーあり。

 

 つどーむ会場 2019.1.31(金) ~11(火祝)まで

f:id:naoha:20190115204327j:plain

 場所:コミュニティドーム(愛称:つどーむ札幌市東区栄町885番地1
ジャンボすべり台・スノーラフトなど、子供から大人まで雪とふれあうことができる。

つどーむ施設内の屋内スペースでは、休憩所や飲食ブース、お子様が安心して遊べるアトラクションなどもあります。
開催時間:9:00~17:00
※一般車両用の駐車場はありませんので会場へは、シャトルバスが便利です。

雪まつりで注意するべき3つのポイント

lovecamp.blog103.fc2.com

ポイント①外はマイナスで超寒いけど、建物内は暑い

2月の札幌は1年で最も寒い時期です。

昼間でも平均気温がマイナス3℃くらいで、夜になるとマイナス10℃以下に

なる時もあります。ヒートテックのインナーにセーター、そしてアウター

重ね着は確かに暖かさをキープできます。

 

でも、一度建物内に入ると、暖房が効いて暑い場所も多い。

重ね着は有効ですが、逆に脱ぎ着しやすい服装もポイントです。

あまり重ね着すると、脱ぐのが大変ですから。

ポイント②滑りやすいのは道だけじゃない、建物に入る時が危ない

f:id:naoha:20190118214817j:plain

多くの人が訪れるさっぽろ雪まつりでは、道が踏み固められ

昼間はとけて、夜はつるつるになる時があります。

たまに、転んでいる人も見かけます。

デコボコのきいた冬靴は必須ですが、実はもっと危険な事が。

 

それは、雪道から建物に入る時です。地下鉄などの出入り口付近なども注意

靴底に雪が付いた状態だと、スキーを履いているのと同じこと。

そのままタイルなどが床の室内に入ると、間違いなく滑ります。

建物に入る時は、必ず靴の雪を落としましょう。

 

コンビニなどに入る時も、入り口付近にマットなどがありますが

靴の底に雪がついた状態だと、かなり滑ります。

ポイント③雪像の撮影は、日が昇る前の早朝か夜のライトアップ時が綺麗に

f:id:naoha:20170209212933j:plain

 雪像は白いため日光などの強い光によって細部が飛んでしまい、うまく写らない場合があります。そこでオススメは、日があまり出ていない朝か夜に撮ることです。夜にはライトアップがされるのでキレイな雪像が撮れると思いますよ。さっぽろ雪まつりで話題になった雪像 写真撮影方法のポイントは?

 

ズバリ撮影は薄暮から夜間がベストです。というのも大部分の大雪像は東向きに造られていて、光が正面から当たるようにできています。見た目はキレイですが実際に写真で撮ると、のっぺりとした陰影のない写真になってしまうのです。曇りや雪の日などはさらに陰影がつくにくくなり、せっかくの雪像も背景に溶け込んでしまい写真としての面白みがなくなります。また、会場は高いビルに囲まれた形となっているので、日が雪像全面に当たる時間帯はごくわずかで、多くは頭頂部だけとなります。そのためにせっかく写真でとったにに大雪像が浮かび上がってきにくいのです。

http://horotopress.com/blog/1871

まとめ

f:id:naoha:20170209213601j:plain

さっぽろ雪まつりは今や、世界中から250万人が訪れる

ビッグイベントとなりました。

2月の札幌は、気温も低く寒さが厳しい時期ですので、

防寒対策と人ごみでの風邪予防にも気をつけましょう。

 

雪像や北海道グルメも思う存分満喫して、楽しい思い出に

してくださいね。

 

これから、北海道冬旅行を計画されている方へ

お役に立てれば幸いです。